Tel / 

Phidias Trio Tokyo
official website

Maiko Matsuoka (violin), Ryuta Iwase (clarinet)
and Erika Kawamura (piano)

News

2022-07-17 12:59:00

"Faint Lights"

 

田中慎太郎 with Phidias Trio

日時 2022年9月3日(土) 15:00開演(14:30開場)

KMアートホール(東京都渋谷区幡ヶ谷1-23-20 京王新線幡ヶ谷駅より徒歩6分)

 

 

Program

 

アルヴォ・ペルト 

・鏡の中の鏡

・Variations for the Healing of Arinushka

 

 

田中慎太郎:アルバム "永遠と一日より"

 

・春は馬車に乗って

・落葉の踊り

・灯火

 

・月は窓辺で夢を見守る #

・音の火影 #

・重なり合った時間 #

 

#世界初演

 

チケット

一般 3,000円 / 学生 2,000円 (当日券は各500円増し)

チケットお申し込み https://peatix.com/event/3247747/view

 

0603_02_Faint-Light-A4.jpg0603_02_Faint-Light-A4-2.jpg

 

 


2022-07-05 23:11:00

作曲家の平山智さんの曲を集めたCD"陽炎の夏"が発売されました。

情景的な音楽、心が温かくなるメロディ、力強いリズム。一度聞けば彼の音楽の世界の魅力に引き込まれているでしょう。

販売価格 2,000yen (送料別)

 

お問合せ先 

https://phidias-trio.com/contact

 

0f53a2b6b28b0a12289153250111cf01.png.jpeg

 

 

<収録曲>

・A Letter From Israel

・リュートのための古風な舞曲とアリアより「イタリアーナ」 / レスピーギ

・"The Moon" From Tokyo To New York

・"Cumulonimbus Clouds" for Violin and Bass Clarinet

・庭〜ピアノとクラリネットとヴァイオリンの為の

・目覚めよと呼ぶ声あり / J.S.バッハ

・ヴァイオリン独奏の為の「祈り」 "ORISON" for Violin solo

 1st ORISON, 2nd ORISON, 3rd ORISON

・Weeping Cherry Song~風のように侍は

・陽炎の夏~バイオリン、クラリネット、ピアノの為の組曲

 第1楽章 初夏

 第2楽章 雲の峰

 第3楽章 祭り

 第4楽章 夕涼み

・管弦楽組曲第三番より「アリア」 / J.S.バッハ

 

演奏:Phidias Trio

 

<平山智オフィシャルサイト>

https://tomosartoffice.sakura.ne.jp/

 


2022-06-24 18:09:00

Phidias Trio vol.6

"SOLOs ―ジャチント・シェルシの軌跡”

 

2022年7月16日(土) 15:00開演(14:30開場)

KMアートホール(東京都渋谷区幡ヶ谷1-23-20 京王新線幡ヶ谷駅より徒歩6分)

 

Program

ジャチント・シェルシ:

Divertimento No. 3 for violin (1955)

L'âme ailée for violin (1973)

L'âme ouverte for violin (1973)

Preghiera Per Un' Ombra for clarinet (1954)

Ixor for clarinet (1956)

Four Poems for piano (1936 -1939) より No.1

Four Illusrations for piano (1953)

 

 

チケット

一般 3,000円 / 学生 2,000円 (当日券は各500円増し)

チケットのお申し込み https://phidias-vol6.peatix.com/view

 

 

220531_flyer 表.jpg 220531_flyer 2.jpg


2022-06-24 18:00:00

Phidias Trio vol.5 "Connect the Dots"

はたくさんのお客様にご来場頂き無事に終演いたしました。

ご来場の皆様、関係者の皆様ありがとうございます!


2022-04-16 01:05:00

Phidias Trioの定期公演のお知らせ

 

 

—安良岡章夫が結ぶ、ウィーンの過去と現在

 

 作曲家がひとつの作品を世に生み落とすとき、五線紙の前には無数のインスピレーションが点在する。点と点から一本の線が生まれ、思いがけない絵が現れるように、音楽作品の点と点を辿って最後の響きが消えた後に、私たちはそこに何を見出すのだろうか。

 フィディアス・トリオの新しい試み、「Connecting the Dots」。今回取り上げるのは、安良岡章夫、新ウィーン楽派、そして現代のウィーンの作曲家たち。

 フィディアス・トリオが昨年初演した、安良岡の「アリア・スコンポスタII」を軸に、安良岡が大きな影響を受けたという新ウィーン楽派の作品と、昨今のウィーンの現代音楽シーンを席巻する気鋭の作曲家の作品を結びつける。

 時間を超えて受けつがれていく音楽の潮流と、それぞれの作曲家の挑戦と革新。現代からさらなる未来へ繋がっていく、これからの音楽のあり方を探求する一夜。

 

 

Phidias Trio vol.5

"Connect the dots"

 

2022年6月23日(木)

杉並公会堂小ホール

19:00 start

チケット:一般3000円、学生:2000円(当日500円増し)

 

安良岡章夫: アリア・スコンポスタ II (2020)

安良岡章夫: 無伴奏ヴァイオリンのためのアリア (1992)

アルバン・ベルク: 室内協奏曲より 第2楽章 アダージョ (クラリネット三重奏版)

アントン・ウェーベルン: ヴァイオリンとピアノのための4つの小品 op.7

トーマス・ヴァリー: Soliloquy (2012) 日本初演

ゲラルド・レッシュ: Sostenuto (クラリネット三重奏版)(2017) 世界初演

ヨハネス・マリア・シュタウト: Bewegungen (1996) 

 

 

277422077_1871611003027948_8512290592892389825_n.jpg277815698_402446171271439_1798059057665664581_n.jpg


1 2 3 4